ネステナーを購入するよりレンタルが向いているのはどういった場合でしょう?

コラム

ネステナーは購入する以外にも、必要な時だけレンタルして導入することが可能です。

物流にかかわる仕事をしているかたからのニーズの高さから、取り扱っている業者はたくさんありますので、費用を比較の上で導入することをおすすめします。

使用期間が一時的な場合

使用期間が一時的な場合

年間通してネステナーを使用する期間が長い場合、荷物を倉庫などに保管しておく期間が長い場合には購入したほうがお得ですが、荷物の一時保管時にのみ利用したい場合にはレンタルがお得です。

レンタルは借りている長さで費用が発生しますから、短期的に使用したい時には管理の面倒もないためこちらが好都合でしょう。

使用数が変動しやすい場合

取り扱っている荷物の数が変動しやすい状況時、レンタルであればネステナーを返却してコストを抑えることが可能です。

逆に、利用数が一定の場合には長期リースや購入のほうが導入しやすくなりますが、たとえば閑散期と繁忙期で保管する荷物量が大幅に違ってくる場合には、レンタルすることで臨機応変に対応できます。

確認のためにお試し利用できる

ネステナーの導入を検討しているものの、どのくらいの数が必要かわからないという場合に、一度レンタルで数量と業務効率、使い勝手などを試してみることが可能です。

導入してしまうと後から処分するのに手間もコストもかかってしまいますから、本格導入前に使いかたを確認してみるという業者が多く見られます。

大きさや数、さまざまな角度から検討できて失敗が少なくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました